開運、人相学、人相診断、藤木相元写真

プロフィール

主導 藤木相元

[略歴]
達磨大師の観相学を研究して60年。その間、昭和40年三論宗引接寺にて嘉祥流観相学会を組織する。以降、多くの人々のカウンセリングや企業の経営相談にあたる。平成3年三論宗の復興に貢献し、大僧正となる。現在、講演や教室の運営によって後進の育成にあたっている。

[現職]
嘉祥流観相学会 導主、 I.T.I.グループ会長

経歴

1923年 兵庫県に生まれる。
1944年 日本大学在学中に学徒動員で入隊。沖縄戦に参加。
1947年 沖縄戦参戦の生存将兵による遺族への奉仕会として、南西会を創立。
1948年 鞍馬寺にて天台宗の行と講義を受ける。
      壬生寺において托鉢行を行い、在家得度を受ける。
      達磨大師の観相学研究を開始。
1949年 沖縄に赴き、集骨と沈魂にあたる。
      戦後復興活動を展開する。
1951年 松下幸之助の支援により、聴講委託生として東京工業大学に学ぶ。
1953年 ドイツ留学。技術研修のかたわらイスラム教、ユダヤ教を学ぶ。
1955年 藤木研究所を創立し、松下中央研究所ほか多くの企業の新製品開発にあたると共に、観相学の科学的究明を行う。
1965年 三論宗高山引接寺にて嘉祥流観相学会を組織。
1991年 三論宗の復興に貢献し、大僧正となる。
1992年 観相学による開運の執筆活動を開始。
1993年 各局テレビ出演による観相トークの実演。
1994年 各所において開運講演の実施。
1996年 嘉祥流開運の花押と印鑑の創作。受注製作開始。
1998年 各種開運グッズの開発と頒布の開始。
1999年 観相学通信講座の開始。
2000年 観相学観士、導士、導師、在家得度僧侶の育成教室開始。
2008年 現在に至る。現在、テレビ、ラジオ、雑誌、新聞、講演etc.で観相学の権威として精力的に活動中。